2018年 7月 17日 (火)

脱法ハーブ吸引認めた「andymori」小山田 「今後はいたしません」

印刷

   3人組ロックバンド「andymori(アンディモリ)」のボーカル兼ギターを担当する小山田壮平が「脱法ハーブ」を吸って暴れたと報じられたことについて、11月2日(2012年)、オフィシャルホームページで謝罪コメントが発表された。

   オフィシャルサイトでは、「本人と話をし事実関係を確認したところ、10月31日の夜から友人と多量のアルコールを飲み、同時に一人で脱法ハーブを使用してしまったのは事実です」と使用を認めている。泥酔状態でホテルに宿泊した小山田は翌日も症状が改善されず、チェックアウト時にはロビーで起き上れない状態に。ホテル側の119番通報で救急隊が駆けつけると動揺して暴れたため、病院に救急搬送された。同日16時ごろには自宅へ戻ったという。

   刑事処分はないものの、所属事務所は「脱法ハーブの危険性を問われている今、小山田壮平のとった行動は不適切であり、皆さまに多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」とコメント。小山田本人も「大変なご迷惑、ご心配をおかけしてしまいごめんなさい。今後、このような行為はいたしません」として、謝罪の言葉を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中