2018年 7月 22日 (日)

「色々な想いが有って公表しました」 孫社長、米ハリケーン被害に50万ドル寄付

印刷

   ソフトバンクの孫正義社長は11月4日(2012年)のツイッターで、アメリカ北東部を襲った巨大ハリケーン「サンディ」の被災者救済と被災地復興のため、ソフトバンクグループから合計50万ドルをアメリカ赤十字社へ寄付すると発表した。

   これにツイッターユーザーから「寄付は普通善意でするもの。寄付まで商利用すんな」との声が寄せられこともあってか、孫社長は「色々な想いが有って公表しましたが、今後は公表を控えるベキなのかなあ…」とつぶやいている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中