「色々な想いが有って公表しました」 孫社長、米ハリケーン被害に50万ドル寄付

印刷

   ソフトバンクの孫正義社長は11月4日(2012年)のツイッターで、アメリカ北東部を襲った巨大ハリケーン「サンディ」の被災者救済と被災地復興のため、ソフトバンクグループから合計50万ドルをアメリカ赤十字社へ寄付すると発表した。

   これにツイッターユーザーから「寄付は普通善意でするもの。寄付まで商利用すんな」との声が寄せられこともあってか、孫社長は「色々な想いが有って公表しましたが、今後は公表を控えるベキなのかなあ…」とつぶやいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中