AKB48の平田梨奈「熱が出たから、粉薬をプリンと一緒に飲んだよ」

印刷

   AKB48の平田梨奈(14)は発熱した際に、粉薬をプリンと一緒に服用したと11月4日(2012年)のグーグルプラスで語っている。その日、平田はステージ公演を行ったが、朝から37.9度の熱があったという。

   帰宅後、粉薬がうまく飲めなかった平田は「おくすり。。。こなのおくすりのめない。。。」とつぶやき、「あああああああああああ(以下略)」と絶叫するような書き込みを行った。その後、「ママがひら(平田のこと)のプリンにおくすりかけた」と母親がオブラート代わりに、粉薬をプリンにふりかけたことを説明し、平田は「の。。。のんだ。。。」「食べた。。。」と一緒に服用したことを明かしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中