2018年 6月 19日 (火)

日中首脳すれ違って目も合わせず…互いにわかってる「俺たち間もなく終わり」

印刷
「もったいないね~、同じエリアにいながら…」

   司会のみのもんたがこう呟いたのは、毎日新聞朝刊(2012年11月6日付)に掲載された1枚の写真だ。ラオス・ビエンチャンで開かれているアジア欧州会議(ASEM)の会場で、野田首相と中国の温家宝首相とすれ違ったところをとらえていた。目を合わさないように、2人ともあらぬ方向に視線を向けて言葉も交わさなかったという。

   会議中に日中首脳会談の予定はなく、2人は尖閣諸島を巡る問題は次の政権に委ねるつもりなのか。至近距離にいながら溝を埋めるつもりもなさそうだった。

みのもんた「『どうも!』って言えば向こうも無視できない」

   杉尾秀哉(TBS解説室長)「現政権では(日中の接近は)無理でしょう。ビジネスの世界でもものすごい影響が残っていて、商社の人が言っていましたが、ある入札で日本が一番を引いていたらいきなり4番に下げられたとか。簡単には戻らないですよ。違う人がリセットし直さないと」

現政権では無理

   これにみの「至近距離に来たら、あっ、来たって分かるんだから、日本が一歩も二歩も引いて『ヤッ、どうも』で頭下げたら温家宝さんもそのまま通り過ぎないね。私なら、そうするね」

   もともとそう軽くいくほど信頼関係があるとは思えない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中