田中文科相「3大学不認可まだ通知してない」事務方が泥かぶって幕引き

印刷

   田中眞紀子文科相はきのう6日(2012年11月)の会見で、3大学新設を不認可とした問題について、「認可の仕組みを見直した後、 新しい基準であらためて判断」と事実上撤回した。事務方も補足して「大臣の意志と齟齬があった。事務方の責任」という。わけがわからない。

大学側はあくまでも不認可撤回要求と訴訟準備

   田中は「(不認可は)かわいそうだという話があるが、それにはあたらない。アクションがあればリアクションがある。それを承知の上で、覚悟の上で申し上げている」と切り口上。「乱立に歯止めをかけ、教育の質を向上させたい。それが私の真意だ」といって会見を終わった。

2分で乾く舌

   ところが、直後に「言い忘れた」と戻ってきて、「全部不認可と思われたんですね。そうではありません」と今度は笑顔だった。「不認可」をまだ大学に通知していなかったため、ミスを事務方がひっかぶることで話をリセットしたらしい。

   札幌保健医療大学、秋田公立美術大学、岡崎女子大学の3大学の認可は、大学設置・学校法人審議会が今月1日に答申したが、翌2日の会見で田中が突然「認可しない」といったため大騒ぎになった。大学側に手続きの不備はなく、校舎の建設・整備や学生募集も進んでいた。田中のいう「大学の乱立、質の低下」は確かに問題でも、3大学の認可とは別の話だ。猛反発した大学は不認可撤回要求と訴訟を準備するなどを確認した。

レクチャーちゃんと聞かず大臣の一人芝居

   司会の小倉智昭「舌の根も乾かぬうちにというでしょ。田中大臣は2分で乾くことがわかった(笑い)。『そうではないんです』って、不認可といったじゃない」

   田崎史郎(時事通信解説委員)「月曜日(5日)に副大臣、事務次官らが説明した。それで変わった。でも中途半端。大学にも受験者にもお詫びをしてない」

   会見に出たレポーターの田中良幸は「大臣の言うことは正論だが、なぜ不認可なのかがよくわからない」という。

   田﨑「本当は2度目の発言をいうはずが、思いの方が先に出てしまって肝心のことをいい忘れた。性格なんでしょうね。先週も、事務方は不認可にしたら何が起こるかを説明している。それを知りながら、会見で不認可といっちゃった」

   小倉「訴訟起こされたら負けますよ、というのも?」

   田﨑「全部わかってた。民主党の政治主導は、大臣、副大臣、政務官が協議するはずが、大臣1人でやってる」

   小倉「外務大臣のときもそうだった」

   田﨑「全く変わってませんよ」

   小倉「安倍さんなんか、(異常な行動、ウソを平気でいうなど)いろいろいってますね」

   田﨑「あそこまでいっちゃったらまずいんじゃないか」(笑い)

   まあ、教育改革できるまで大臣でいるはずもないが…。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中