タクシー運転手暴行「動画投稿」警察に通報せず止めに入った人に「やらせとけ」

印刷

   男が無抵抗のタクシー運転手を一方的に罵倒する、小突き回す、殴るという暴行の一部始終が、先週ネットの動画サイトYouTubeに載った。これを手がかりに6日(2012年11月)、青森の飲食店経営者(38)が傷害容疑で逮捕されたが、そもそもそんな映像を撮ってネットに載せるとはどういうことなのか。

「暴行・傷害」放置した撮影者は共犯じゃないのか

   キッカケは飲食店に呼ばれたタクシー運転手が泥酔した女性を乗せるのを拒んだためらしいが、そんなことはどうでもいい。撮影者は騒動をはじめから撮影しただけでなく、途中で止めに入った人にも「いいから、いいから、やらせればいい」と押しとどめて暴行を続けさせていた。撮影していたのはこの店の元従業員で、たまたま現場に居合わせたというが、さらにその動画をネットで公開していた。「面白半分」といっているという。

投稿者の名前

   たしかに、ネットには面白映像があふれている。ペットや子ども、好プレー・珍プレーの類いなら他愛もないが、こうした犯罪を傍観してはやし立てるとなると話は別。目の前で人が殺されても、警察に通報もせず撮るのだろうか。

   物議をかもす映像をよくみかけるようになった。2年前、三重・松阪のグループホームの介護士(19)が、入所者を「禿げとる」などと撮影した映像は、「虐待だ」と問題になった。今年3月には姫路市で自転車の中学生を車で追い回す映像があった。7月には兵庫・赤穂市で中学3年生ら5人が、小学6年生を殴ったり蹴ったりするシーンがあった。「これはおもれぇ、動画になりそうや」という 声も入っていた。警察の調べに、少年らは「多くの人に見てもらうため」と答えた。「おもれぇ」とは、サイトでの閲覧回数があがりそうな、という意味だった。

再生回数稼ぐために「きわどい映像」「犯罪映像」

   司会の小倉智昭「青森のケースは投稿者の名前もわかっていたんだって?」

   レポーターの田中大貴「特定されてました。でも、なぜこうしたものをアップするのか」と、別の例もあげた。07年には大手牛丼チェーンの厨房で、牛肉山盛りの「テラ丼」が作られた。去年の8月には栃木県の公道でバイクを逆立ちして運転する姿を友人に撮影させた男(24)が道交法違反になった。

   こだわるのが「再生(閲覧)回数」だ。この閲覧回数について、趣味のダンスの映像を投稿している学生(23)は、「中毒っぽくなるかもしれない」という。縄跳びの動画を載せている女子学生(18)も、「閲覧数が3万とか、増えていくとうれしい」と話す。マルマル・モリモリを裸で踊ったという学生(18)は「テンションが上がる」

   閲覧回数のためなら「下着姿もOK」とか、回数の半分は自分で、その半分が親、などというのもあった。専門家は「個人が特定されないと思っているのではないか」という。しかし、キャスターの菊川怜は「特定されなければ、意味がないのでは」と突っ込みを入れた。

   小倉は「YouTubeで歌手になった人もいるしね」という。ジャスティン・ビーバーがそうだ。誰かが「ネットはバカに発信機会を与えてしまった」といっていたが、その通り。何とかと ハサミは使いよう、ということか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中