2018年 7月 21日 (土)

ベッカム「テレビキャスター転身説」大丈夫かな?頭の回転

印刷

   デビッド・ベッカム(37)がTVキャスターになるという噂が飛び交っている。米タイムワーナーグループが、ベッカムをホストにして選手にインタビューなどで構成するスポーツトーク番組を企画していて、数百万ドルの契約金を用意しているというのがその噂だ。ライバルのFoxもベッカムに熱い視線を送っているという。

   ベッカムの代理人は否定したが、こんな噂が出る裏には、この12月(2012年)で所属しているサッカー「LAギャラクシー」との契約が切れるという事情がある。過去にも、現役引退の噂とセットのように、キャスターやTVタレント転身説が囁かれてきた。

ニュージーランド首相「とんでもなく頭が悪かった」

   元イングランド代表キャプテンで、サッカー界の貴公子、超イケメン、妻は元スパイスガールのヴィクトリア、5人の子供の良きパパ、数々の広告に引っ張りだこのファッションアイコン。これだけ揃った逸材をテレビが放っておくはずがない。

   しかし、知性や頭の回転の速さが求められるキャスターに、ベッカムは本当に相応しいか。インタビューされた時のコメントもピリッとしないし、最近ではニュージーランドのジョン・キー首相がベッカムを評して、「とんでもなく頭が悪かった」と口を滑らせた。

   引退後のプロスポーツ選手の花道であるキャスターだが、名選手が必ずしも名キャスターとはならないことは、日本の某プロ野球選手らで証明済み。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中