東尾理子、藤本美貴、山田花子…出産でひと稼ぎのエゲツナさ!こんな歌番組作るな

印刷

「1番ソングSHOW」(日本テレビ)2012年11月07日19時~

   これが歌番組と言えるのか。「初出産・東尾理子も!芸能人ママ集合(秘)初出し自宅映像公開SP」と題した今回の放送では、スタジオに相田翔子、藤本美貴、山田花子、熊田曜子、東尾理子といったママさんタレント&ママさん予備軍タレントが集合し、ホームビデオで撮影した家庭での子育ての模様などプライベートを公開し、子育てトークに花を咲かせていた。
   とってつけたような「わが子に聴かせたい愛情ソング」といった企画もあるが、それも藤本美貴などはホームビデオのなかで、子供を抱きながら夫の庄司が作ったというオリジナルソングを口ずさむ程度。オリジナルソングとは名ばかりの鼻歌に過ぎず、こんなものを公共の電波で流すなよ、である。
   最近、芸能人の出産ラッシュで、石を投げればママさんタレントに当たるいきおいだが、出産を機にもうひと稼ぎしようという魂胆が透けて見えてなんとも鬱陶しい。出演者のひとり、山田花子などは「託児所の時間があるから」早く帰りたいと言い出し、30分遅れると延長料金を取られるなんてことを口走る。「仕事どころではない」という花子の姿勢、子育てママは共感するのか。
   熊田曜子が胎教のためにKARAの歌を聴かせているといい、KARAが登場。「エレクトリック・ボーイ」という新曲を披露する流れもなんだかなあ。いろんな思惑が錯綜した番組だった。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中