石原慎太郎「新しい関ヶ原の戦い。西軍でも東軍でもない。太陽の党一過性」

印刷

   きのう13日(2012年11月)に旗揚げした石原新党「太陽の党」は、いわずとしれた芥川賞受賞作「太陽の季節」からとったものだ。「暴走老人です」とあいさつに立った石原慎太郎は、「太陽は通過点。大同団結に吸収されても消えてもかまわない」と話した。

中国メディアが尖閣で質問「チャイナがいちゃもんつける筋合いじゃない」

   共同代表の石原80歳、平沼赳夫73歳をはじめ、「太陽党」議員の平均年齢は73・8歳 だ。それが第3極の核になりうるのか。石原は「国政に不満を持っていた」とそもそもを語り、「この国はどんどん悪くなっていく」と第3極が結集する必要を訴えた。

違いすぎる

   太陽の党の役回りについて、「一過性に過ぎない。必ず選挙の前に大同団結する。そのためのワンステップ。太陽がそこに吸収されて消えたってかまわない」と言い切った。政策の一致では、「野合だという人がいるが、自民だって民主だって野合っちゃ野合じゃないですか」「新しい関ヶ原の戦いに、東軍、西軍ではなしに勝ちます。既存の大政党、旧軍に対して、新軍として戦いを挑む」とぶった。

   ただ、年齢を聞かれると、「若い政治家を育てないとダメ。絶対に必要な責務だと思っている」。維新の会の橋下代表については、「彼の言葉でいうと、『国民がうんざりしている』」。しかし、その橋下は「政策が第一」といっている。

   旗揚げ会場には中国メディアもいた。尖閣で質問が出たが、「当たり前じゃないですか。日本の国土を日本人が守らないでだれが守るんですか」「チャイナがいちゃもんつける筋合いはまったくない」

解散・総選挙までに間に合うか「第3極大同団結」

   司会の小倉智昭が「橋下さんはまだ慎重なのに、石原さんは強気一辺倒」

   田崎史郎(時事通信解説委員)「何とかこの国を…という焦燥感を感じますよね。議員も石原さんは大雑把すぎるという。大同団結しかいってない。そのためには政策の一致があるが、詰めは進んでない」

   小倉「選挙までに可能ですか」

   田﨑「間に合わせてしまうと思いますよ。政策をどこまで一致させるかは程度の問題で、原発とかを別にしてやればできなくはない」

   小倉「軍事力の強化だの憲法改正だの、大いに違う」

   田﨑「アバウトなんです」

   田中大貴レポーター「党が消えても構わないとまでいっていますが…」

   田﨑「日本維新の会に合流すれば、当然、太陽はなくなる。みんなの党がそれに乗れるかどうかは微妙ですが」

   デーブ・スペクター(テレビプロヂューサー)は「最悪」という。「いつまであるかわからないような政党がこんなにある。民主もダメ、自民も似ている。石原さんは自己満足。テレビは面白がってる。恥ずかしい」

   松岡弓子(クラブ経営者)「私は父(立川談志)と親しかったこともあって、石原さん大好き。80歳でこんなかっこいいおじいさんいない」(笑い)

   で、解散は? 田崎の読みは来週だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中