「不意打ち解散」第三極直撃!政策協議間に合わない、候補者揃わない、カネもない

印刷

   野田首相の「16日解散」で焦点は、第三極結集の動きがどうなるのか、民主党議員の第三極へ流出が起こるのかどうかに移った。15党が乱立状態にあるなかで迎える総選挙は、第三極の結集いかんで来年以降の政局は大きく変わる。

民主離党組の受け皿になれるのか?

   民主党議員の第三極への合流の動きが14日さっそく出た。小沢鋭日仁元環境相が「日本維新の会」へ合流するという。TPP参加に反対する山田正彦元農水相も「民主党の中で私は戦えない」と離党を表明、このほかにも4議員が離党を決めた。

やりますねえ

   鳩山元首相はグループ陣営の議員を集めて協議したあと、「近日中に一人ひとり判断を迫られることになると思う」と微妙な表情で語った。

   一方、民主党離党組の受け皿となる第三極結集も動きだした。「減税日本」の河村代表(名古屋市長)が「太陽の党」の石原代表(前東京都知事)と会談し、「太陽の党」に合流することを決めた。ただ、動きはそこまで。政策のすり合わせも不十分、候補者の選定もままならない、おカネがない。

太陽の党・平沼共同代表「維新と協議の時間ない」

   それでも「日本維新の会」の橋下代表(大阪市長)は、「人生1回こっきりの大勝負と何度か言いましたが、いよいよ本当の大戦。自分の持っている力を出し尽くします」と気炎を上げる。橋本との連携を模索する「太陽の党」の平沼赳夫共同代表は、「正直、もう少し時間が欲しいと思っています。『日本維新の会』との協調が短時間の間に取りまとめることができるかどうか、疑念はある」と困惑している。

   野田が仕掛けた不意打ちの第三極潰しに司会のみのもんたは「やりますねえ」。北川正恭(早大大学院教授)も「これが本命かもしれませんね」と相槌を打つ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中