しめて16党乱立!離党・野合なんでもありの「闇鍋総選挙」スタート

印刷

   衆議院が16日午後(2012年11月)解散し、12月16日投開票に向けて年の瀬の選挙戦が事実上スタート。支持率の低い民主党に見切りをつけ離党する議員が相次ぐ一方、第三極を目指し政策の不一致などお構いなしに合従連衡策に走る動きも急だ。

沈みかけた船から逃げ出す民主議員の勝ち馬探し

   民主党では山崎誠や中川治、富岡芳忠ら衆院議員が相次ぎ離党届を提出し、山崎は参院会派の「みどりの風」の議員4人に合流する。さらに、長尾敬、初鹿明博の両衆院議員も近く離党届を提出し、長尾は自民党にくら替えするという。これで、すでに離党を表明していた山田正彦元農水相、小沢鋭二元環境相のほか、離党届を出し「預かり」となっていた長野智彦、熊田篤嗣両衆院議員を合わせると離党者は9人になる。

2大政党がダメ

   野田首相は「離党したいやつは出て行けばいい」と側近に漏らしたというが、コメンテーターの尾崎弘之(東京工科大教授)は離党の動きにこうクギを刺した。

「ある程度、集団として残ってもらった方がいい。自民党が一大勢力になると、また好き勝手なことをやって国民の不満がたまる。民主党議員は野党として残る義務がありますよ」

   民主党が野に下るかどうか確定したわけではないが、第三極の結集が頼りないだけに一理ある。

有権者どうする?「民主がっかり、自民見限り、第三極頼りない」

   その離合集散の動きだが、第三極結集の中核になると見られていた「太陽の党」が「減税日本」を抱き込んだことでおかしくなってきた。消費税増税を容認する太陽の党と減税を目玉政策とする減税日本では野合と批判されても仕方がない。太陽の党との合流を模索してきた「日本維新の会」の橋下代表がさっそく疑義を唱えている。

   こうした離合集散で16もの党派が乱立し、どこの政党がどう違うのか有権者には皆目分からない異常な多党選挙を迎えたことになる。

   毎日新聞論説委員の与良正男は「これでは有権者は戸惑うばかり。民主、自民の2大政党といわれながら、支持率は合わせて3割ぐらいしかない。2大政党がしっかりしないからで、深刻な話です」と嘆いた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中