「改名アドバイス」のあの占い師は当たるらしい―芸能人やテレビスタッフ押しかけ

印刷

   この時期になると繁盛するのが占い商売だ。新しい年はどんな1年になるのか、なにを留意すればいいのか。近頃、テレビで人気の占いは、あの人。売れない芸人の改名アドバイスをしたら、爆発的なブレイクで今年の顔となった。数年前から占い番組などのブレーンだったが、あまりにも当たると業界で評判になり、表舞台に出てくるようになったという。

   そんな彼の元には、芸能人から制作スタッフまで多くの人が押し掛けているらしい。見てもらった人によると、さまざまな要素を用いた占いで、説明も非常にわかりやすく、改善点が論理的かつ具体的だったそうだ。新しい事務所について相談した時は、風水の知識から水回りの指摘を受け、すぐリフォームの予約をしたと話していた。

人事異動や社員採用を占いで決める社長―会社と相性悪ければ左遷

   私はあまり占いが好きじゃなかった。でも、いまや占いを目にしない日はない。朝のテレビや携帯電話サイト、街頭のビジョン、お菓子の箱など占いだらけである。そんな溢れる占いを制作する放送作家の友達がいる。占い師の占いを元に彼女が作っていたのは、12星座用の1か月分のプラスアルファ情報。ラッキーアイテムやラッキーカラー、ラッキーパーソン、ラッキースポット、ラッキーフードなどなどを12種類、毎日考える。もっともらしい占いも、裏ではこんなふうに作られていると知ると、ちょっとがっかりする。

   けれど、節目ごとに占いの力をかりる人は多い。人事異動や社員採用で、占い師に会社との相性を見てもらってから判断する社長もいる。たとえ信頼できる社員でも、占いで結果がよくなければ左遷なんて当たり前。社長秘書をしていた友人は、その時の社長の入れ込みようが怖くなって退職を決意したという。

人気占い師に見てもらうと運気上がるのなぜか

   よっぽどのことがない限り、私は占いと縁がないだろうなと思っていた。でも、毎日持っているものに、占いと非常に密接なものがあった。日本文化の象徴的なもので、どれだけ国際化しても根強く残っている印鑑だ。姓名判断でどのタイプの印鑑にするのか決めるそうで、人気の印鑑作家はそこらへんの占い師よりも当たるのか、3か月待ちの状態もだそう。

   どんな印鑑を持つかで運勢も変わってくるそうだ。社会人10年を越えて初めて知った印鑑と占いの関係。フリーランスに印鑑は欠かせないのに、私が認印で使っているのは高校卒業時にもらった安いものである。これではイカン!さっそく新しい印鑑を作ることにした。人気の印鑑作家の方にお願いすることができ、伝えたのは生年月日と姓名。数日後、私の運勢とどの印鑑を作ればいいかの結果が出た。性格の傾向、体調などビックリするほど当たっている。思わずいろんな人に結果を見せてしまった。

   すぐさま認印を新調することに決めた。はんこ1つで少しでも運気が変わるのならと、急に藁にもすがる気持ちになってしまう。さぁ、これからが楽しみだ。元気や自信こそが占いが与える一番大きな力であり、相談者を支えてくれるのかもしれない。

   最後にもう一つ。あの人気占い師に見てもらった人によると、占いは売れている人に見てもらわないといけない。時流に乗っている占い師に見てもらうと、運気があがるらしい。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中