<1年前のワイドショー>ブータン国王夫妻「新婚旅行」で大震災被災地訪問。ところが…晩餐会サボった閣僚たち

印刷

   国の価値を「国民総幸福(GNH)」に置くブータンの若き国王と女王が新婚旅行で日本を訪れたのは、東日本大震災から8か月後の去年11月(2011年)だった。まず震災被災地を訪れ、その後も国会スピーチ、慶応大学で名誉博士号授与、講道館見学、さらに京都などを回って笑顔を振りまいた。ワイドショーがこれを伝えないはずがない。「ブータン国王夫妻、忙しい新婚旅行。『支援はささやかですが…』と被災地へ」(TBS系「朝ズバッ!」)と、震災の年に日本中を明るくする話題だった。

   ところが、閣僚の中にずいぶんと失礼な面々がいた。民主党の同僚議員のパーティーを優先して、宮中の歓迎晩餐会に欠席したのだ。「ブータン国王夫妻晩餐会『欠席閣僚バカヤロー。国の恥!』勝谷誠彦久々激高」(日本テレビ系「スッキリ!!」)とワイドショーは怒ったが、野田内閣の失策、無自覚、無責任を象徴する出来事だった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中