ジャスティン・ビーバー未練たらたら…セレーナに連日「やり直したい」とメッセージ

印刷

   ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの破局の余波が続いている。お似合いの二人だっただけに、別れを残念がる声が多いのだが、ここへ来て、元のサヤに戻る可能性も僅かながら残されているという話も伝わってきた。

   ジャスティンはセレーナに未練たらたらで、何とかよりを戻そうと必死になっているという。やり直そうと懇願するメッセージをセレーナ宛に送り続けているらしい。ジャスティンにとってセレーナは初めて真剣に交際した相手で、初恋の相手をそう簡単には諦め切れないみたいだ。

彼女はさっさと気持ち切り替え

   別れの真相は、ジャスティンが他の女の子たちとスマートフォンでメッセージのやり取りすることに嫉妬したセレーナが、止めて欲しいと何度言っても聞き入れられなかったために、別れを切り出したということらしい。

   諦め切れないジャスティンだが、破局報道後のセレーナはやけにサバけた笑顔を振りまいていて、女が別れを決めたら気持ちの切り替えは早い。よりが戻ることはなさそうだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中