2018年 7月 20日 (金)

にわか景気!引っ張りだこ選挙ポスター「暗闇でも名前が光る」割高でも注文殺到

印刷

   最近の日本でどこを向いても景気のいい話はたいして聞こえてこないが、けさ19日(2012年11月)の「モーニングバード!」によれば、ごく小規模ながら、にわかに活気づいた業界があるらしい。衆院解散、選挙に伴って、大忙しの選挙関連ビジネスだ。選挙ポスターなどの印刷を手がける「イツキプリント」代表取締役は「電話が鳴りっぱなしですよ。選挙終わるまで休みはないですね」とにんまりしながら話す。

「選挙っていうのは、結局、名前の話題性なんですね」(制作会社)

   イツキプリントでは、2009年の選挙からお目見えした新趣向の選挙ポスターがとりわけ注目を浴びていて、問い合わせが殺到中だという。素材に蓄光材を使うことで、夕方、闇夜のなかでも候補者の名前が茫と浮かび上がる仕組みだ。

   気になるお値段は通常の2~3割増だそうだが、「選挙っていうのは、結局、名前なんですね。名前が目立つ、話題性になると」(代表取締役)と考えるセンセイ方には魅力的な商品なようである。

   従来、選挙カーで行われる名前連呼などに加えて、ポスター・看板の名前ゴリ押しも進みそうだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中