合流ありきで「脱原発」捨てた日本維新「野合の中でも一番よくない野合」

印刷

   できたばかりの石原新党こと太陽の党が日本維新の会と合併、もしくは吸収されることになり、あっという間に消滅した。石原前東京都知事が維新の代表に就任し、橋下大阪市長が代表代行につくという。

   総選挙を控えて乱立した政党が、損得勘定で次々と合従連衡を画策し、「野合」批判もかまびすしいが、橋下自身は今回、太陽の党側とは完全に重要政策を一致させたと自負する。そんななかで、「モーニングバード!」では「いちばん注目されたのは、維新の原発ゼロが消えたことだと思うんですが」(羽鳥慎一キャスター)と、消えた政策が話題となった。

石原代表「原発コワイに媚びていたらポピュリズムになる」

   橋下・維新が掲げてきた看板政策の脱原発だが、石原に言わせれば「原発コワイ、原発反対」なるものは「ふわりとした民意」であり、それらにいちいち媚びていたら、政治はポピュリズムになりかねないなどといった発言をするなど、「親・推原発」の立場だ。両者の「政策の違い」が注目されていたが、結局は脱原発は「小異」だったようだ。

原発ゼロが消えた

   スタジオでは、ノンフィクション作家の大下英治が「維新が(太陽の党に)譲って脱原発の方針を下ろしたのは、野合のなかでも一番よくない野合だ」と述べるなど、批判的なコメントばかりが聞かれた。もちろん、ネットのどこかで「評価する声」は見つけられるだろう。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中