40代の20人に1人「緑内障」気づかないまま失明の危険

印刷

   40代から増える目の病気のうち、白内障は目のレンズの濁りを手術で取れば治るが、緑内障は放っておくと失明になる。「緑内障診療ガイドライン」によると、40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっていて、その9割が気付かないまま治療を受けていないと推定されている。「日常でのチェックから目薬や飲み薬での注意、緑内障に罹りやすいタイプと、さまざまな疑問にお答えします」(黒田信哉アナ)

要注意!「よくつまずく」「コップに注ぐときこぼす」「戸にぶつかる」

   緑内障はほとんど自覚症状がないが、時々こんな形で気づくことがある。「よくつまずくようになった」「コップに何かを注ぐとき外にこぼしてしまう」「開いている戸などによくぶつかる」などだ。ゲストの東邦大学の富田剛司教授は「緑内障は視野が狭くなったり、視界の一部が欠けてきたりします。つまずいたりこぼしたりというのは、その部分が見えなくなっているということです」と解説する。「あさイチ」の放送中に視聴者からのFAX問い合わせが殺到し、冨田教授がそれて答えていった。

【Q】病院で眼圧が高いと指摘されました。
【A】「眼圧が高い人ほど短期間で緑内障が進みやすいです。日本人の視神経は傷つき易いタイプで、約7割の人がその傾向にあります」
【Q】もっと簡単に眼圧検査ができればいい。メガネ店で眼圧測定ができるようになれば便利じゃないか。
【A】「眼圧測定はドクターの資格がないとできないんです。そのお店でコンタクトを作る為のドクターが常駐していれば可能かもしれません」
【Q】目薬で眼圧を下げる事はできますか。
【A】「可能ですが、専門医による処方の薬を使って下さい。薬は悪化の進行速度を抑えるための物ですから、効果があらわれないからと途中で止める人が20~30%いますが、必ず続けて下さい」

「突然の頭痛と吐き気」急性は2~3日で失明

【Q】急性緑内障は2~3日で失明すると聞きました。どんな症状なんですか。
【A】「突然の頭痛に伴って吐き気に襲われます。また目の充血もあります。緊急手術をしないと失明の可能性もある怖い病気です」
【Q】緑内障に罹りやすいタイプはありますか。
【A】「中年以上の女性は同じ年の男性の3倍の確率です。とくに東洋人に顕著で、身内に緑内障の疾病者があれば、専門医での検査を受けるべきですね」
【Q】緑内障で避けなければならない市販薬ってありますか。
【A】瞳が広がってくる作用のある薬です。風邪薬、鼻炎の薬、頭痛薬などにあります。薬の但し書きに緑内障禁止が書かれてますから、よく読んでください」
【Q】進行を遅らせるための生活習慣や予防法はありますか。
【A】残念ながらありません。なるべく定期的に眼科医の検査を受け続けることが今のところ唯一の方法です。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中