大野智「自分の好きなところ」照れまくりであげたこの10個「優しい」「踊り」…

印刷

ひみつの嵐ちゃん!(TBSテレビ系11月15日よる10時)>さまざまなテーマや体験で嵐とゲストが対決する番組で、ゲームそのものよりも嵐が「罰ゲーム」で四苦八苦するところが見どころだ。

   ロープ相撲対決は体重140キロ超の巨漢、安田大サーカスのHIROと大野智リーダーと櫻井翔クンが対決することになった。ロープを引っ張り合い、台の上から落ちた方が負けだ。負けたのは大野智リーダーだった。

「難しい。すっごい恥ずかしい」

   罰ゲームは自分の好きなところを10個発表するというもの。短所や嫌いな所なら言いやすいが、好きなところは自分で自分を褒めてるような、自惚れているような印象で言いにくい。大野リーダーが上げたのは、(1)非常に優しい(2)あまり怒らない(3)耳が非常に柔らかい(4)踊りがしなやか(5)透き通るような声(6)童顔(7)男の人より手がきれい(8)何かに夢中になるとずっとそればかりやる(9)絵がうまい(10)鼻がきれい。

   大野は「これは難しい。でも何か自分でも若干思ってるじゃん。それを言わなきゃいけないわけだから、すっごい恥ずかしい」としきりに照れる。すかさず、翔クンが「『しなやかな踊り』でひと山越えたよね」がおちょくると、大野リーダーも「そのあと『透き通る声』って自分で言って、バカじゃないのと思った」と素直に認める。照れ性のリーダーにとってはきつい罰ゲームだ他だろうな。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中