「小沢ニューチルドレン」「橋下ガールズ」デビュー!美人秘書や元OL

印刷

   衆院選の行方を大きく左右する第三極が、「日本維新の会」と「国民の生活が第一」の2つに集約されてきた。維新と「みんなの党」は選挙協力で合意し、行き場がなくなった「減税日本」もいまだに維新との連携に期待を寄せている。

   一方、生活は「新党大地・真民主」が選挙協力で合意、「みどりの風」や民主党を離党した山田正彦元農水相と亀井静香前国民新党代表が結成した新党も連携を期待している。

乱立「第3極」生活と維新に集約

   司会のみのもんた「どうなるんですかね、この第三極は」

雰囲気で選ぶな

   杉尾秀哉(TBS解説室長)がこう答えた。「グジャグジャになっていますからね。あえて言えば、生活が第一のグループは、反TPP、反消費税増税、脱原発という感じ、あとは人間関係で好きとか嫌いとか。石原さんは(生活が第一の代表の)小沢さんとは死んでもいやだといっている」

   12月16日の投開票まで1か月を切ったのに離合集散はまだ続きそうな気配だ。新聞情報によると、「減税日本」の河村たかし代表(名古屋市長)が市長を辞任して衆院選出馬を検討しているという。国会議員5人を集めて国政政党の要件を満たし、公募で50人の公認候補を確保したが、東海地方以外では知名度が低く、河村が「党の顔」として全国遊説する必要があると判断したようだ。選挙区は古川元久・内閣府特命担当大臣の愛知2区を検討中という。

北海道8区、大阪7区で民主候補と激突

   小沢一郎の秘書兼運転手を務め、美人秘書としてマスコミの注目されていた北出美翔(26)が北海道8区から立候補するという。8区には民主党の逢坂誠二前衆院議員がいる。大阪7区では維新の会の新人で元OLの上西小百合(29)が19日に梅田駅前で街頭デビューした。民主党の藤村修官房長官(63)と激突だ。

   こうした動きに三屋裕子(スポーツプロデュサー)の舌鋒が冴えた。「女性が出ることは大賛成ですよ。だからといって、小泉チルドレンとか小沢ガールズと言われた人たちが、どういう活動をしたのかをちゃんと見てみないと。今回は雰囲気で選んではいけないと思う」

   司会のみのもんた「確かにそうですね。実績はどうなんだ、何をやっているんだ。でも、両方とも綺麗ですよ」

   どんな局面でもやはり綺麗なガールズは得。それで票を集められるのだから…

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中