TBSゲス番組ゴールデン進出―巷の素人からかって下品な笑いの不快感

印刷

「私の何がイケないの?」(TBS)2012年11月12日19時~

   特番時代、深夜番組時代を経て、10月の改編により月曜19時からのレギュラー放送になった。満を持してのゴールデンタイム進出というよりは、出すものがなくなったという感じ。果たしてこの番組が何をやってもダメなTBSの救済番組になれるかどうか。
   MCは江角マキコとくりぃむしちゅ~有田哲平。江角は「ショムニ」以降、ドラマでもバラエティでもアネゴ風を吹かすような役割が多く、この番組でも出演者を挑発したり叱りつけたりと、こわもてキャラで攻める。ズバズバとはっきり言うところが重宝がられているようだ。隣の有田はヘラヘラしているだけの楽な仕事。
   この日のテーマは「女社長の天国と地獄SP」。かつてテレビなどでよく見た女社長の現在や、世界で活躍する女社長、25歳の若さで年商2億円を稼ぐ女社長などを取材し、スタジオにやってきたひとりの女社長の悩みをみんなで解決するというものだった。
   スタジオに現れたのは、いつも派手なドレスに身を包み、舞台のようなメイクで町を普通に歩き、「心斎橋のシンデレラ」と呼ばれているブライダルサロンの女社長。最近はブライダル業界も不況で売り上げが落ちて悩んでいるというその女社長の強烈キャラにスタジオも騒然。「そのメイクは笑わそうと思ってるの?」ってあんまりだ。
   毎回毎回女性週刊誌のような覗き見趣味を刺激するようなものばかりよくもまあ集めるなあと呆れる。一言でいうならゲス番組。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中