市販薬に重大副作用!「重篤1220件、死亡24人」医師も見逃すSJS

印刷

   薬局などで手軽に買える市販薬の副作用で、国が警告を発している。この5年間で、製薬メーカーから厚生労働省に報告された重篤状態に陥った市販薬副作用は1220件余りという。キャスターの国谷裕子は「市販薬の副作用については、社会的認知度が低いというのが現状です。なかでも、風邪薬や鎮痛剤などの副作用は危険度が高い。説明書に従って正しく服用していても、突然、副作用に襲われるという例もあります」と説明した。

解熱鎮痛剤で左目失明―手足口病と誤診

   美容師だった岡村かおりさんは市販の解熱鎮痛剤の副作用で左目を失明した。スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)を発症したのだ。「薬を服用して数時間後に唇が紫色に腫れ、目に違和感を感じました。翌朝、眼科に行きましたが、原因は分からず。内科の診察も受けましたが、ここでは手足口病と診断されました」と話す。4日目の朝、洗面所の鏡を覗いて岡村さんは驚いた。口の中が水疱だらけになっていたのだ。すぐに緊急救命センターに搬送されたが、この時に岡村さんを診察した東克己医師は、「目や口の粘膜に異常が見られました。皮膚のただれも全身に広がり、SJSの可能性が高いと思いました」と話す。

   SJSとは薬の成分に体の免疫機能が過剰に反応して皮膚や粘膜に炎症が広がり症状で、深刻な事態に陥る。

   国谷「このSJSが原因で、過去5年間で24人の方が亡くなっています。発症年齢も幼児から高齢者までと幅が広い。大きな病院でもSJSかどうかの診断が難しいアレルギーの一種です」

   ゲストの望月眞弓(慶應義塾大学薬学部教授)は「アレルギーというと多くの人は花粉症を連想しますが、花粉症のアレルギーとSJSのアレルギーは違います。健康食品を食べていてもSJSを発症するケースもあります。消費者も医師も、市販薬の副作用について知っておくのが重要ですが、医師は人命を救うことを優先して、市販薬の副作用を見落とすことがあります」と説明する。

イギリスではネットで情報交換

   国谷「SJSが悪化する背景には、その4割が誤診によるものだと言われています。これは怖いことで、SJS予防を広める方法はないのでしょうか」

   望月「欧米では、目の異常でSJSの疑いがあったら、1週間以内にステロイド目薬を使用すれば進行は止められるとしています。イギリスではさまざまなSJSの体験談がネットにアップされ、情報交換が盛んに行われています。日本でも同様なサイトがありますが、あまり広まっていません。

   今年から中学生の保健体育の授業の一環として、薬に対する授業が始まりました。内容は説明書の読み方や薬の成分の見方などで、こうした教育にもっと力を入れることが必要だと思います」

   いまや、コンビニでも簡単に薬が買える。誰にでも買える薬なら安全というわけではないということだ。でも、同じ薬でSJSにかかる人とかからない人では何が違うのだろう。それがわかれば、自分は危ないかどうかわかるはずだが、そのあたりの説明が欲しかった。

ナオジン

NHKクローズアップ現代(2012年11月19日放送「身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中