安倍提案「国債の日銀直接引き受け」禁じ手か?デフレ脱却の妙案か?

印刷

   衆院選の争点の一つになっている「デフレ脱却・経済対策」で、自民党の安倍晋三総裁が提案した建設国債の日銀引き受けを巡って、野田首相は「日銀が国債を直接引き受けるやり方は禁じ手だ」と批判している。

   公共事業の財源に充てるために発行される建設国債を日銀が直接引き受ける論議は高度成長時代からあった。インフレ抑制が金融政策の主眼だった高度成長時代は、インフレに歯止めがかからなくなると実現されることはなかったが、今はデフレ脱却が主眼。対策になすすべのなかった民主党政権が「禁じ手」というタテマエ論だけで否定していていいものかどうか。

「対象や期限を限定した実施」

   「朝ズバッ!」では以前、東日本大震災の復興のための公共工事費は増税ではなく、建設国債を発行して日銀引き受けを断行したらどうかと触れたことがある。安倍は「われわれは御託を述べるのではなくてしっかり結果を出していきたい」と述べているが、対象や期限を限定して実施するなど議論をしてもいいように思う。

   「8時またぎ」コーナーに出演した自民党の甘利明両政調会長は、「安倍さんは断固としてデフレ脱却に取り組むぞという決意を示した。そのオプションとしていろいろなものがあり、日銀にもっと緊張感、責任を持って欲しいという決意の表れと思う」と安倍提案を擁護した。

   発想の転換、断固とした決意がないと20年にも及ぶデフレからの脱却はできそうにない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中