鳩山由紀夫 踏めなかった「公認踏み絵」消費増税・TPP参加あくまで反対

印刷

   鳩山由紀夫元首相がきのう20日(2012年11月)、 総選挙出馬を断念して政界を引退する意向であると後援会幹部に伝えた。民主党を作り政権交代もなしとげながら、普天間基地問題や献金問題で首相の座を下りてからは、執行部と常にギクシャクし、今回は公認も危ういといわれる中、これが面目を保つ唯一の道だったのか…。

民主党執行部「党議遵守の誓約書出せ」

   司会の小倉智昭は「鳩山さんが危ないというのをお伝えしたのは、おとといでしたが」という。その映像で鳩山は相変わらず「消費増税反対、TPP反対」と、党の方針とは正反対のことを言っている。

民主党のオーナー

   17日には苫小牧で選挙事務所開きをしたが、北海道9区に自民党は地元出身のスケートの五輪メダリスト、堀井学氏を立てている。あいさつでも「鳩山への風はきびしい」と暗い顔だった。その後のイベントで、司会の脳科学者の茂木健一郎氏が「民主党から出るんですよね」と聞き、「民主党から出るというのは、民主党から出馬するのと、民主党から飛び出すというのと…」と冗談で返して、会場は大笑い。公認が微妙なことをみな知っていた。鳩山も「当然、民主党でしょう。(民主の現状に)我慢してます。しきれなくなりそうだけど」と笑いにまぎらわせていた。

   民主党は公認申請にあたって、「民主党の党議を踏まえて活動すること」という宣誓への署名を求めている。「踏み絵」だ。事務所開きでも「TPPでこの農業王国がどうなるのかは明らかだ。信念を曲げるつもりはない」と話しており、署名はできなかったということだ。鳩山は昨夜、「民主党に心から愛着をもっている。自民党を飛び出して民主党を作った思いを大事にしたい。あす(21日)総理にお会いしてからお話しします」とだけ話した。

   これを聞いた札幌の街の声が面白い。「え、残念だ」「どうでもいい」「当然でしょう。必要なのは世代交代」「引退とおっしゃってないと、何らかの形で返り咲く?」…みんなよく見てる。

自民党・スケート堀井学を相手に勝算なし

   小倉「いろいろな意味で民主党の顔だった。オーナーの感もあった。暗澹たる思いではないか」

   田崎史郎(時事通信解説委員)「ある民主党の候補者に電話したら、ニュースが流れたのが昨夜9時ころでしたが、事務所で歓声があがったという。次は○○だと…」

   デーブ・スペクター(テレビプロヂューサー)「いまになって民主党がやっとまとまってきた。鳩山さんはソフトで人当たりがいいし、元総理の立場は使い方もいろいろある。大使とか」

   小倉「総理を辞めた時、引退をいいながら撤回してたたかれもした。政治家としては不安な発言もいろいろあった」

   田﨑「イラクへ行って発言で混乱を招いた。しばらく何もしないのが一番」(笑い)

   小倉「勝つつもりだったんでしょう?」

   田﨑「政党の調査では、小選挙区では自民に水を開けられていた。比例区でもむずかしい状況だった。申請書の宣誓を見て決断したのではないでしょうか」

   田﨑はいま民主党への風がやわらいでいるという。「ものすごい暴風から普通の暴風に変 わっている。このままいくともっとよくなる可能性がある」と話す。公認の決定は12月に入ってからで、まだ動きがあるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中