KEIKO、活動復帰視野? 「TKはアルバムで、声をいれてごらんといってます」

印刷

   音楽グループ「globe」のKEIKO(40)が11月24日(2012年)、ツイッター

「TKはアルバムで、声をいれてごらんといってます。 どうだろう、、」

と書き込み、音楽プロデューサーで夫の小室哲哉(53)から、レコーディングを勧められたことを明かしている。KEIKOは11年10月にくも膜下出血で約5時間にわたる手術を受け、療養生活を続けている。ツイッターは定期的に更新が続いており、

「順調に回復 してるらしいです」(9月13日)
「少しづつ、 ちゃんと、治しますね」(10月20日)

と、リハビリは順調に進んでいるとみられる。

   なお、KEIKOのツイートでは、

「きゅうしゅうから、お家にもどりました。 ちょっぴり疲れたけれども、海がきれいでくうきもおいしかった。 こんどはお正月ぐらいかな? 帰郷は、、、、、」

と、出身地の大分県臼杵市を訪問した時の様子をつづっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中