「麻雀女子」ブームの仕掛け?ジャン友芸人集まって「入門編から教えます」

印刷

「アメトーーク! 麻雀芸人」(テレビ朝日)2012年11月22日23時15分~

   キーワードを決め、そこに括られるお笑い芸人を集めてこだわりトークをするという番組である。この日のくくりは「麻雀芸人」。MC雨上がり決死隊の2人も麻雀芸人らしく、スタジオの観覧者に「これを機会にきょうは覚えて帰ってもらったらいいと思います」と蛍原と言い、「こんなことで1時間もやれるかとお思いでしょうけど、世界一面白いゲームなんですよ」と宮迫もやる気満々でアピールする。ゲストで麻雀芸人として登場したのは、アンジャッシュ児嶋、スピードワゴン小沢、陣内智則、ロンブー亮、ケンドーコバヤシ、博多華丸、狩野英孝の面々だった。「いいメンツですね。あっ、メンツっていうのも麻雀用語なんですよ」と宮迫の説明があったりする。麻雀なんてやったことはもちろん、見たこともありませんというような人向けなのだ。
   観覧者に麻雀を打てる人を訊ねたところ、手を挙げたのは102人中2人で、1人は女性だった。残り100人にも面白さをわかってもらおうということで、聞き役として麻雀を知らない千秋が参加し、彼女にわかるようにルールや基礎知識、牌の種類やアガリの基本などを説明していく。「リーチの時は中井リーチ」と言ってしまうというようなついやってしまうエピソードを面白可笑しく語る。
   「人見知りで友達もいない。そんな僕でも麻雀をするとすぐ仲良くなれる。しまいには明石家さんまさんとも仲良くなった」と話す児嶋はプロの資格も持っているとか。観客の女子たちの食い付きもまずまず。番組を機に「麻雀女子」が増えるかも。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中