ノロウイルス大流行!「予防は手洗い」アルコール消毒は効かないぞ

印刷

   厄介な胃腸炎を引き起こし、高齢者などでは死に至る危険もあるノロウイルスが、大流行した2006年から6年ぶりにカムバックしそうだという。感染性胃腸炎の患者数が06年とよく似た推移をたどって増えており、季節柄、これからブレークする恐れがあるという。

流水で15秒以上ゴシゴシこすれ

   ノロウイルスの感染を防ぐためにはどうしたらいいのか。「モーニングバード!」によれば、手の消毒のしかたに注意しなければいけないという。最近は、手や指をアルコール消毒できるポンプ式ボトルなどが建物の入り口に置いてあったりして、わりと浸透している。しかし、これはノロウイルスには効果がない。あくまでインフルエンザ対策である。

   「結局、手っ取り早くできるのは手洗いしかない」と小松靖アナは言う。水やお湯の流水で手洗いを15秒以上、できれば30秒以上行う。石けんを使うとさらに効果的だが、基本は流水。そして洗う時間が大事なんだそうな。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中