板橋主婦殺害すでに犯人「袋のねずみ」20代男の住居周辺で聞き込み

印刷

   東京都板橋区のマンションで主婦が殺害された事件で、羽鳥慎一キャスターは監視カメラに映っていた容疑者が「もう特定できてるようですね」と伝えた。警察は最新の画像解析システムを駆使して監視カメラを分析したところ、ある20代前半の男が浮上した。警視庁は被害者の口座からカネを引き出した窃盗の疑いで近くこの男の逮捕状を取る予定だという。

潜伏先が絞れていない可能性

   「モーニングバード!」のVTRのなかで、容疑者はカネを引き出した豊島区池袋から東武東上線で逃走し、現場付近に潜伏している可能性があり、警察が周辺の聞き込みを開始したなどと伝えられた。容疑者は特定できても、居場所はまだ特定できてなさそうな伝え方であった。

逃亡の恐れは?

   赤江珠緒キャスターが「捜査網が狭まったことを知った犯人が、逃走をはかる可能性はないですか」とゲストの元警視庁警視、江藤史朗氏に聞く。江藤によれば、容疑者特定の情報が警察からオモテに出たことなどから、「逃がさない態勢はすでにできているはずだ」と自信満々。容疑者逮捕は目前であり、「身柄を確保するタイミングをはかっているだけ」ということだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中