2018年 7月 17日 (火)

きゃりーぱみゅぱみゅ災難続く「ノロウイルスで嘔吐がとまらない」

印刷

   舞台で転倒、鼻の下を3針縫うけがをした歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(19)が、今度はノロウイルスの可能性があると診断されたとツイッターで明かした。きゃりーぱみゅぱみゅは11月30日(2012年)、「昨日の夜からずっと嘔吐を繰り返していて今は胃がすっからかんになって水を吐いてる状態」という。医者にはノロウイルスか胃腸炎と診断された。「どっちなんだろうね(笑)」と余裕を見せたが、29日夜にも「やっべ食べ過ぎて胃もたれやっべ気持ち悪いな」と体調不良を訴えていた。

   疲れからくる症状であると診断されたが、スケジュール通りに仕事をこなしている。30日には写真撮影で着用した振袖姿を公開。12月1日には広島でライブを行う予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中