<人生の特等席>
渋くて頑固なオヤジ…やっぱりイーストウッド!プロ野球名スカウトマン最後の仕事

印刷
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

   ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)はプロ野球の優秀なスカウトマンとして活躍したが、コンピューターで選手を選別する時代の波に追われ引退の危機に直面していた。幼い時に母親を亡くし、以来、疎遠になっていた弁護士の娘ミッキー(エイミー・アダムス)とも、関係は上手くいっていない。

   そんな時、目に異常をきたし、医師から「失明の恐れもある」と宣告されてしまう。それでも球団と残る契約期間3か月間で、有能な選手の発掘にかける。心配するミッキーは強引にガスの最後のスカウトの旅に同行する―。主演はクリント・イーストウッド、監督はロバート・ロレンツの渋くて人生に勇気を与える映画だ。

人生の終盤迎え苦悩しながらも失わない誇り

   この映画最大の魅力は、なんと言ってもクリント・イーストウッド扮する「頑固オヤジ」ガス・ロベルの絶大なる存在感である。過去に栄光がありながら、自分の限界に気が付き始める年老いたプロ野球スカウトマンは、パソコンも使えず、頼りの目は見えなくなるかもしれない。そんな中でも、彼の人生そのものだったスカウトの旅に出かける。

   そんな父親を心配する娘ミッキーがまた父親に似て勝気で男勝り。そして、母親に似てとても美しく優しいのが魅力だ。「父さんは何もわかっていない」と反発し、自分は自分と弁護士としての成功を夢見ながらも、幼い時に失った父親との絆をどうにかして築き直そうと懸命な姿には心打たれる。そんなミッキーを愛しているが故にぶつかって、ガスはさらにもがく。

   仕事でも家族のことでも、人生の終盤に立たされ苦悩する「頑固オヤジ」をあれだけ見事に演じられる俳優は、いまクリント・イーストウッドぐらいなものだろう。「グラントリノ」を最後に役者を引退したと思っていたクリント・イーストウッドが、主演で出演すると聞いて、ファンとしてはたまらず映画館に向かったが、やはり期待は裏切られなかった。

PEKO

おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中