「我々にAKBの魅力と奥深さを教えてくれた」 番組プロデューサー、増田・佐藤に「惜別の辞」

印刷

   AKB48の増田有華(21)と佐藤夏希(22)が相次いでグループを離れることになったことを受け、2人が出演していたテレビ番組のプロデューサーが12月1日(2012年)、グーグルプラス(Google+)に惜別の辞とも言える文章を1000字近くつづった。

   番組は、モバイル端末向け放送「NOTTV」で放送されている「AKB48のあんた、誰?」(あん誰)。増田は10回、佐藤は11回出演したという。

   文章では、増田について、

「少々行き過ぎることもありましたが、観客を盛り上げるプロで、この方がいると確実に番組が盛り上がりました。そして何より・・・その歌声・表現力。あん誰でも圧倒的な歌唱力で我々を魅了してくれました。その実力は間違いなく本物です。何度スタッフが涙を流したことか・・・」

と絶賛。佐藤についても、

「冷静な判断力と頭の回転の速さ、間違いなく我々が会ったAKBメンバーの中でもトップクラスです」
「あなたならどんな仕事でもバリバリ活躍されることでしょう」

と振り返った。

   その上で、2人に、

「お二人は番組を盛り上げてくれた大きな魅力であり、我々にAKBの魅力と奥深さを教えてくれた存在でした」

と感謝の言葉を贈った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中