一時活動休止報道のゴールデンボンバー「出来る活動はしていきます」

印刷

   11月30日(2012年)に「年明けから活動休止」などと報じられたビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔(28)が12月1日、ツイッターで「一時活動休止と言うわけではないです」と訂正した。

「喉の先生と相談して出来る活動はしていきますよ。問題は歌うときの高音の発声 だけで、体は元気なので(^-^) 」

と書いた。その後、ファンから活動休止がニュースになっていると報告されると、

「どうしましょう!(((^-^)))4月までバンド名変えて活動するべきか…(((^-^)))⊃ ゴールデンヘニハー」

と動揺する様子を見せ、ツイッターアカウントの名前に「(活動休止しません)」と付け足した。

   鬼龍院は11月中旬ごろからのどの不調を訴え、医者にかかったことをツイッターで 明かしていた。ゴールデンボンバーの公式サイトは11月30日、ソロ公演の延期の発表 とともに、

「今後の活動に関してですが、本人との話し合いの結果、1月中~4月まで鬼龍院の治療に専念させて頂きます。尚、活動再開時期に関しましては、現在調整中となりますので、決定次第ご報告させて頂きます」

との告知文を掲載した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中