天井落下恐い高速トンネル全国20か所!上に大きなファンない古いタイプ

印刷

   きのう2日(2012年12月)朝、中央高速道路の笹子トンネルの上り線で天井のコンクリート板が落下し、巻き込まれた車から出火して惨事になった。何が起こったのかがわかるまでに10時間、死者9人の確認に丸1日かかった。

重さ1トンのコンクリート板270枚がドスーン

   事故が起こったのは午前8時頃だった。 全長4.7キロのトンネルの東京側から1.7キロ地点で、約110メートルにわたって天井のコンクリート板が落下した。危うく難を逃れた人たちは、煙に追われて甲府側へ3キロも歩かなくてはならなかった。

点検だけでは……

   直撃を受けながら、東京側へ脱出したNHK記者の乗用車は左の窓側が押しつぶされて、屋根が盛り上がっていた。コンマ何秒か遅かったらもろに巻き込まれていたに違いない。事故現場に向かうきのうのVTRが流され、阿部祐二レポーターは「高速道路は通行止めで、大月インターを出て一般道から現場へいきます」と伝えている。阿部が東京側、大竹真レポーターが甲府側の入口にいたが、トンネル内部はいつまでたってもわからない。動きもない。午後になって、中日本高速道路が会見し、同時にトンネル内のモニター映像も公開されて、ようやく様子がわかってきた。落ちたコンクリート板がVの字になっているので、中央の吊り具部分が落ちたことがわかる。

   この板は長さ5メートル、幅1.2メートル、厚さ8センチで、重さは1トン。これが270枚落ちたのだった。落ちていない部分がさらに落ちる可能性があったため安全確認に手間取って、重機などによる救出作業が本格化したのは事故発生から9時間後だった。

長年の使用で「金属の腐食」「振動で金具ゆるみ」「金属疲労」

   3日未明になってようやく全容がわかった。巻き込まれた車は3台で、1台の乗用車に60~70代と見られる3人、燃えたワゴン車に5人、トラックに1人の計9人が犠牲になった。トラック運転手は、携帯電話で「苦しい、助けて」と会社に助けを求めていたが、助からなかった。むしろ、よくまあ3台ですんだものだと思う。

   笹子トンネルの開通は35年前で、当時はトンネル内の換気をコンクリート板で区切った天井部分で送排気をしていた。同じ構造のトンネルは、中日本管内でほかに中央道・恵那山、東名・都夫良野、東名・富士川と4か所、東日本高速、西日本高速を入れると20か所あるという。現在は天井に大きなファンをつけて、風を送る方式が一般的だ。

   つまり、古いものはちょうど年限が来ているともいえるわけで、いつ落ちてもおかしくないということになる。点検は随時行なっているが、9月に行なった検査は目視だけだった。

   キャスターのテリー伊藤「きのう点検しても、事故は起きたかもしれない」

   原因について専門家が登場して「3つの可能性がある」と指摘した。(1)金属の腐食(2)長年の振動で金具が緩んだ(3)金属疲労だ。このほか、工事に携わった人を見つけ出して、「地盤の悪いところがある」といわせたり。ぎゅっと締めれば10分です済む話を1時間もやられると見ていてくたびれる。

   このあと10時すぎのニュースで、「吊り金具ごと落下していることがわかった」と伝えられたが、さて、3つの原因のどれにあたるのか。本当の原因は、コンクリート板の重さではないのか。1枚1トンは重過ぎだろうよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中