宮迫博之「胃がん」最新検査法「アミノインデックス」6種類のがんチェック

印刷

   お笑いコンビ雨上がり決死隊の宮迫博之(42)が胃がんで手術を受けることになったと伝えられているが、ニュースのキーワードを解説する「けさ単語!」コーナーで胃がんを取り上げた。

   「胃がんは日本人のがん患者のなかで、罹患数が最も多いがんです。一説には徳川家康も胃がんだったといわれています」とアナウンサーの井上貴博はいう。胃がんに限らず、がん対策は早期発見・早期治療が何より重要だが、最新の検査方法を紹介した。

原因は「喫煙」「ストレス」「過度の酒量」「過度の塩分」とピロリ菌

   宮迫は自覚症状はなかったが、人間ドックで異常が見つかり、精密検査を受けた結果、胃がんの疑いがあることがわかった。テレビ、ラジオ合わせて約10本のレギュラー番組を持ち、多忙を極めていた。42歳とまだ若く、コメンテーターの田中章義(歌人・作家)と同い年というが、働き盛りは要注意で、中高年の胃がんは増加傾向だ。

全部当てはまる

   統計をみると、死亡数が多い部位は男女とも肺がトップで、胃は2位だが、比較的治療しやすいがんともいわれる。過去にはプロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長、タレントの藤村俊二、漫才の宮川花子さんらが胃がんにかかったが、いずれも復帰している。

   胃がんになりやすい原因としては上げられるのは、(1)喫煙(2)ストレス過多(3)過度の酒量(4)過度の塩分。これを聞いて、司会のみのもんたは「全部あてはまるねえ」。他にピロリ菌がある。ピロリ菌の感染者は胃がんリスクが5倍高まるといわれる。日本人全体の40%がピロリ菌に感染していて、そのうち8%の人が胃がんにかかっているという統計がある。中でも高齢者は保菌率が高いそうだ。

血液中のアミノ酸バランスでがん発見―費用は2万円

   胃がんの症状は胸やけや胃もたれ、体重減少、貧血、吐血などだが、自覚症状がない場合も多く、胃潰瘍と似ていて見逃す場合もよくある。ただ、こうした症状が出た場合はある程度進行している可能性が高い。ということは、早期検診のために定期検診が大事だということだ。

   検診にはX検査(バリウム)、内視鏡検査、ピロリ菌検査(呼気検査)があるが、最新の検査方法は「アミノインデックス」というのが本日のポイントだ。病院で採血して、血液中のアミノ酸のバランスを調べることによってある程度は判別できるという。2週間で胃がん、肺がんなど6種類のがんについて結果が出る。その結果をみて、問題あれば精密検査へ進む。費用は2万円ほど。

   最後に、胃がんの予防策のひとつとしては緑茶とトマトが有効だそうだ。緑茶ポリフェノールとトマトに含まれるリコピンにピロリ菌を抑える働きがあるという。とはいえ、早期発見がないより大切。40歳を過ぎれば検診を!が結論だった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中