2018年 7月 23日 (月)

高速トンネルだけじゃない!道路も橋も…日本中のインフラ一斉に老朽化

印刷

   中央道の笹子トンネル天井崩落事故で、道路管理者のNEXCO中日本は事故の大きな要因として「老朽化」を挙げた。この「老朽化」というものは日本の普遍的なテーマらしく、「とくダネ!」によれば、トンネルに限らず、道路、橋、水道、信号機などあらゆるインフラが老朽化して「危機的な状況」になっている。

造るばっかりで補修・修理後回しだった公共投資

   「1960~70年代に一斉に建設されたインフラが、およそ50年経過して、一斉に老朽化している」(根本祐二・東洋大学教授)が、公共投資額はここ15年ぐらいの間にほぼ半減しているという。

公共投資の使い道

   「とくダネ!」の出演者・コメンテイター陣からは、「公共投資っていうと、新しいものをつくるのに目が行くが、それより先に補修とか修理をしたほうがよさそうだね」(小倉智昭キャスター)、「予算額が減った問題よりも、いまだに整備新幹線をつくるとか、配分の仕方に問題があるのでは」(竹田圭吾・国際ジャーナリスト)など、日本の既存インフラを守る必要性が叫ばれていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中