2023年 2月 1日 (水)

勘三郎 父親の葬式でしまった!先代市川猿之助に「一緒にやろう」と言われて「ヤダヨ!!」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   中村勘三郎が亡くなった。57歳だった。それにしても早すぎる。酒好きで、お喋り好きで、ゴルフ好きで、友達大好きで、家族はもっと大好きで、奇想天外、人のやらない事をやって驚かせるのが大好きな梨園のヤンチャな若旦那だった。

夢見てた3大スター競演「大和屋さん(坂東玉三郎)と澤瀉の兄さん(猿之助)と俺で小屋並べるの」

   2000年、元旦から横浜みなと未来に大きなテント小屋が開幕した。坂東玉三郎(大和屋)が建てた劇場「21世紀座」だ。そこに市川猿之助(澤瀉屋)と中村勘三郎(中村屋)が加わって、当代の3大スターの競演に横浜は正月から大賑わいになった。

   テレビ局で番組を作っていた私は、1か月間この3人に密着していた。勘三郎は目を輝かせて喋りまくった。「これは俺の夢なんだけどさ、ひとつの場所に、こっちには大和屋さんの小屋、その向かいには澤瀉の兄さんの小屋、こっちには俺の中村屋の小屋があってさ、3つは朝から晩までずうっと芝居するの。お客さんにどれを見ていいか迷わせちゃうの。若手の役者が、客引きのために路上で寸劇してお客さんを奪い合ってね、そこでも3座とも芸競いあるの。とにかく、この3人なら絶対できると思うんだけれどね、歌舞伎広場が…」

   勘三郎が夢にまで見ていた構想の3人の競演は、遡ればひと昔前の先代中村勘三郎がこの世を去った葬儀の時からだったと彼は声を潜め、インタビューテープを止めさせて話し始めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中