分かりにくい選挙「公選法の壁」候補者同士の直接対決は禁止

印刷

   衆議院議員選挙の投開票日まであと9日。きょう7日(2012年12月)の「朝ズバッ!」は、「けさの顔」コーナーと「8時またぎ」コーナーで選挙の行方を追った。

NPOに主催してもらって討論会

有権者に不満

   司会のみのもんたは「きのうも各党党首が全国に飛び、自分たちの政策を訴えていました。最近の争点は2つで、自民党が主張している公共事業拡大を巡る舌戦と第三極が提唱している既得権益の打破です」という。コメンテーターの与良正男(毎日新聞論説委員)は「連日マスコミではいろいろな世論調査の結果が報じられていますが、詳しく分析すると、有権者の多くはなぜこんなスローガンばかりの選挙なのだと不満を感じているようです。でも、たとえば対立する候補者同士が直接対決をしようとしても、今の公職選挙法ではではそれができない。NPO法人などに主催者となってもらい、そこに招かれるという形を取らないかぎり直接対決はできないんです。だから、わかりにくい選挙戦になっているのでしょう」と説明した。

週明けから党首が激戦区テコ入れ

   井上貴博アナウンサーが「12政党のうち、4党の党首が被災地の福島で第一声を上げました」と伝える。柿崎明二(共同通信編集委員)は「これまでの総選挙では、党首は都市部で第一声を上げて、それから地方に遊説に出るというのがパターン化されていたが、今回は異例ですね。ここ数日間の動向を見て、激戦区と言われる選挙区へ党首や党の顔と言われる人たちが応援に入るでしょう」と分析した。

   みのは意識的に避けたのかどうか、この選挙の最大に争点は原発ノーかイエスかだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中