女子中高生ケータイ用語「感動の最上級」はなんと!×××だった

印刷

   金賞「てへぺろ」、銀賞「きゃわたん」…、銅賞「ワイルドだろぉ」でやっとわかる言葉になった。が、4位以下は「どうするぅ!?」「テンアゲ」「あーね」「オッケー☆」「りょ!」「それな!」「サンキュー!!」… さっぱりわからない。

   5日(2012年12月)発表された「女子中高生ケータイ流行語大賞2012」(ピーネストリサーチ調べ)だ。11位以下でも、「ズッ友」「いもる」「○○安定」「いちきた」「ワンチャン」「たぎって きた」…やっぱりわからない。

流行語に3つの基本形「有名人」「短縮」「音のかわいさ」

   流行語にはいくつかの流れがあるらしいが、ひとつは「有名人」。たとえば金賞の「てへぺろ」は、うっかりしたときにてへっと笑ってペロッと舌を出すという意味の擬態語だ。声優の日笠陽子の持ちネタで、以前から流行っていたのが、ソフトバンクの白戸家のCM「ハワイの留学生編」で、タレントのトリンドル玲奈が使ってブレークした。ローラの「オッケー☆」やスギちゃんの「ワイ ルドだろぉ」もこの類だ。

使ってません

   もうひとつが「短縮形」。要するに言葉や言い方を短くしたもので、「テンアゲ」はテンション上げだ。「りょ!」は了解。メー ルでは短い方が打つのが楽だからこうなるんだそうな。

   最後が「音のかわいさ」。女子高生に聞くと、一番使うのは銀賞の「きゃわたん」だった。「かわいい」が「きゃわいい」になり、これに意味のない「たん」をつけたのだそうだ。「てへぺろ」も音が受けたものらしい。

「かわいすぎてハゲるー」

   さて、スタジオはどこまでわかるか。一覧をまえに森圭介アナが「何か気になるものありますか」と聞く

   加藤浩次が杉野真実アナに「22歳なら使うでしょ」

   杉野「りょ!は使いますね」

   加藤「それな!って何よ?」

   森「えーと、何だっけな。『そうだよね』とか『その通りだな』という意味です」

   キャスターのテリー伊藤「16位は?」。16位 は「たぎってきた」だ。

   森「テンション上がったということです」。煮えたぎるのたぎるか。

   加藤が「ズッ友は、ずっと友だちか」とわかるものもあるが、森は「これらはもう古いというので、新しいものを調べてきました」と出したのが 「わず」「とりあ」「ハゲる」だった。ツイッターでいまは「なう」(杉野)だから、「わず」はwas(過去)で「新宿わず」のように使う。では「とりあ」は「とりあえずでしょう」(弁護士・八代英輝)で正解。 「ハゲる」はキャスターのテリー伊藤が「励ます」、タレントのはるな愛が「メイクがとれる」だったが、実は「かわいすぎてハゲるー」だった。これなんと「感動の最上級」なのだという。

   テリー「これらを使えるのは八代さんだけ」

   八代「使ってません」 

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中