山中伸弥教授のスウェーデン土産「ノーベル賞チョコ」1000枚

印刷

   山中伸弥京大教授(50)の「ノーベル週間」がスウェーデン・ストックホルムで始まった。最初の行事として、6日朝(2012年12月)には共同受賞者のジョン・ガードン博士とノーベル博物館を訪れ、恒例の博物館の椅子に英語と日本語でサインを行った。日本へのお土産にノーベル賞のメダルを形どったチョコレート1000枚も買った。1000枚の値段は12万4000円という。

ストックホルム滞在中もホテルで論文執筆

   カロリンスカ研究所で記者会見した山中教授は、「きのうは家族と日本食レストランに参りました。ストックホルムのお寿司はとても美味しいということを確認しました。日本と比べてもいい線いっている。ES細胞とiPS細胞のようなもの」と、なかなかソツがない。

8時間も食事?

   ただ、多忙は相変わらずで、執筆中の論文をここにも持ち込んで、5日夜もホテルにこもって書き続けたという。ノーベル賞を受賞する天才はやはり何かが違う。

受賞後の大晩餐会は8時間!国営放送がテレビ中継

   注目イベントの大晩餐会は10日の授賞式の後、スウェーデン王族、受賞関係者、抽選で当たった学生ら17000人が招待されて開かれるが、その模様を8時間にわたって国営放送がテレビ中継する。

   司会の羽鳥慎一「まさか8時間食べ続けているわけではないでしょう」

   小松靖アナ「何かするんでしょうね。それをテレビ見ながらスウェーデン国民は家でご飯を食べるんです」

   行事は翌日も続き、ノーベル賞受賞者がストックホルム大学に招かれ、飛躍するようにとの願いから恒例の「カエル飛び」をやらされるという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中