ボーイ・ジョージ「メキシコ新大統領」ほめたつもりが誤訳で抗議殺到!

印刷

   1980年代に一世を風靡した英国のバンド「カルチャークラブ」のボーイ・ジョージのツイッターが、メキシコ人たちから攻撃を受けている。きっかけは12月1日(2012年)のメキシコの新大統領の就任。これについて、ボーイ・ジョージが「メキシコにホットな(話題の)新しい大統領が誕生した。メキシコにとって良い結果になると良いね」というツイートしたら、抗議・批判が殺到したというのである。

メディアが「ホット」を暴君とスペイン語訳

   どうやら、メキシコのメディアが英語の「ホット」を間違って解釈し、「メキシコに暴君の新大統領が誕生した」とスペイン語に訳してしまったらしい。ホットにはセクシーとかイケテルという意味もあるが、就任したエンリケ・ペニャニエト新大統領はなかなかのラテン系イケメンだ。さてはボーイ・ジョージの好みだったのかもしれない。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中