DJがエリザベス女王騙ってニセ電話!取り次いだ看護師自殺で豪ラジオ局炎上

印刷

   つわりで入院中のキャサリン妃の容態をエリザベス女王を騙って聞きだしたオーストラリアのラジオ局DJには呆れたが、騙された看護師が自殺する悲劇に発展し、英豪間で大騒動になっている。

DJが女王の声色でキャサリン妃の容態聞き出し

   亡くなったのはキングエドワード7世病院のジャシンサ・サルダナ看護師(46)だ。発端はエリザベス女王を名乗って、「私の孫娘と話せるかしら」とかけてきた1本の電話だった。電話を受けたジャシンサ看護師が担当の看護師に繋ぎ、この担当の看護師がキャサリン妃の容態を明かしてしまった。電話を取り次いだジャシンサ看護師は3日後、自宅で死亡しているのが発見され、自殺と見られている。

面白いですか?

   騙した方が悪いに決まっているのに、なぜ自殺に追い込まれてしまったのか不思議だったが、小松靖アナによると、女王になりすまし容態を聞きだしたことに対し、当初は「前代未聞のことをやってのけた」という称賛の声が上がっていたからという。この度が過ぎた悪ふざけにまんまと嵌ってしまったことに看護師は責任を感じたのだろう。

英国からメール殺到「制裁を与えられるべきだと思います」

   自殺のニュースを聞いた英国民からオーストラリアのラジオ局DJへ怒りの声が殺到した。「彼らに責任があることは明白です。制裁を与えられるべきだと思います」

   オーストラリア側の対応が火に油を注いだ。地元ニュースのコメンテーターは「DJ2人を無慈悲にいじめるのは正しくありません」と擁護し、ラジオ局の親会社「SC」』のリース・ホレラン最高経営責任者は「われわれに違法性はないと確信している」と開き直った。現在、2人のDJは自発的に無期限の停職中というが、ラジオ局には抗議のメールが炎上中だという。

   司会の羽鳥慎一「この悪ふざけ面白いですかね?」

   小松「先ごろキャサリン妃のトップレス姿がフランスで報道されたが、イギリスのメディアは一切報じなかった。ダイアナ妃の悲劇で自制しているからで、教訓を感じないフランスやオーストラリアはこういうことをしてしまい、また悲劇を生んでしまった」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中