男性より多い「女性ストーカー」電話・メール送りつけ拒否されるとリストカット

印刷

   今年(2012年12月)、認知件数が過去最高を更新する勢いという「ストーカー」問題を、「とくダネ!」は数回にわたって特集しているが、けさ11日(2012年12月)は女性のストーカーの話であった。「女性ストーカーは男性と同じくらいいるか、女性のほうが多いんじゃないかとも言われています」(森本さやかアナ)

不倫関係のこじれなど被害男性側にも原因

   昨年のストーカー行為者を性別で見る(警視庁の調べ)と、男性約13000人に対して女性は約1500人。これだけ見ると、圧倒的に男が多く、男性が女性にストーカーしているのではないかと思われる。ただし、女性の場合は電話やメールなどでのストーキングが多く、暴力凶悪化することは少ない。それらの被害であればと我慢して警察などに相談しない男性が多く、表面化してないのではないかということである。

   ストーカー加害者のカウンセリングなどを行っている性障害専門医療センターによれば、女性ストーカーにはほかにこんな特徴がある。相手に危害を加えるよりは、会ってくれないと死ぬなどと言ってリストカットなど自傷行為をする傾向が見られる。また、不倫関係がこじれて、かつての愛情が恨みに変わりストーカー化――など被害者側に問題があるケースも多いそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中