尼崎連続不審死・角田美代子けさ留置場で自殺!首に絞めた跡?

印刷

   「多くの方が驚いたと思いますけど――」と笠井信輔アナがしゃべり出した。番組の途中に速報のカタチで急きょ差し込まれたのは、尼崎不審死多数事件の主犯格と警察が目していた角田美代子が死亡したというニュースである。

   角田は他の事件の被告であると同時に、尼崎のマンションで同居していた男性を殺害した容疑で兵庫県警に逮捕、拘留されていたが、留置場で自殺を図り、けさ方(2012年12月12日)に死亡が確認されたという。

3人部屋で首つり

   「首にはなにかで締めたあと」があり、「首を吊った可能性が高いと思われます」と言う笠井に、懐疑居士の小倉智昭キャスターは「首を吊ったとしたら『首を絞めたあとがあった』という言い方をするのか」と口を尖らせた。

寝ていた間か?

   笠井は「容疑者がいた部屋は3人部屋だった」という情報に着目していた。3人部屋に全部で何人入っていたという情報はなかったのだが、「残りの2人」の存在は自明のことのようであった。「自殺を図ったとしますと、その時点で残りの2人はどういう状態だったのか(何をしていたのか)」(笠井)、「寝てた間だったのか」(小倉)などといった推理が交わされた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中