2018年 7月 19日 (木)

芸能人ツイッター被害「街で見かけた」大きなお世話!小倉智昭モノ申す

印刷

   「とくダネ!」はこの数日「ストーカー」特集を伝えているが、けさ12日(2012年12月)は、ネットゲーム上で知り合った人物などにネットを駆使してストーキングを行う「サイバーストーカー」が取り上げられた。

「どこでナニ食ってたとか、誰と一緒にいたとか、誰と買い物してたとか」

   司会の小倉智昭は「われわれの場合は、小倉がどこでナニ食ってたとか、誰と一緒にいたとか、誰と買い物してたとか、そういうのってストーカーじゃないの、アレ?」と言う。どうやら、小倉はツイッターなどによるストーカー(?)被害、詰まるところ呟かれ被害にモノ申したいんである。

ストーカーじゃないの

   これに森本さやかアナが「まあ、公人という扱いになるんでしょうか」と答えるが、これはデキない部下的な応対であった。そこに、公人だから仕方ないというニュアンスを読み取ったらしい小倉は、「公人とか私人とかって、テキトーに使われてるよね」と機嫌を損ねてしまったのだ。

   続いて、笠井信輔アナが「誰かが執拗にツイッターで付きまとえばストーカーですが、小倉さんの場合は通りすがりでみんなが呟きますからね」と言う。小倉は全然納得しない。そう言う笠井も「電車で寝てるって、たくさん呟かれてるそうです」と参った様子で話し、小倉は「大きなお世話だよな」と苦笑いを浮かべていた。ツイートも積もれば、立派なストーカーとなる!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中