選挙開票速報で繰り上げ「平清盛」最悪免れたがやっぱりひとケタ視聴率

印刷

   衆院総選挙の開票とぶつかった16日(2012年12月)の各番組の視聴率はどうだったのか。注目されたNHK大河ドラマ「平清盛」は50分繰り上げて午後7時10分からの放送となった。この回は清盛があっち死にするというクライマックスで、最低視聴率(7・3%)の更新だけは避けようとNHKも必死だった。午後からたびたび予告を流し、7時の定時ニュースの前にも7時10分からの放送であると念を押した。おかげで最低更新は免れたが、9・2%とやはりひとケタで、これまでで5番目の低さだった。

   もろに開票速報にぶつかった日本テレビ系「FIFAクラブワールドカップ決勝」は13・1%、開票直前までの放送に繰り上げたフジテレビ系「THE MANZAI」は17・3%だった。清盛はこっちにも食われたということだろう。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中