2018年 7月 21日 (土)

「総選挙開票速報」NHK視聴率トップ、当落速かったテレ朝―開票直後に341議席当確

印刷

   16日(2012年12月)に行われた衆院総選挙の開票速報は、早くから自民大勝が予想されていたため、いまひとつ盛り上がりに欠けたが、各テレビ局の視聴率はどうだったのだろう。トップはさすがにNHKで17・3%、次いで日本テレビ13・1%、テレビ朝日10・1%、フジテレビ9・5%、テレビ東京8・6%、TBS7・1%だった。

   日テレは7時20分から「FIFAクラブワールドカップ決勝」を中継放送していて、開票が始まってからは画面をU字型に仕切って当選・当確を流した。この相乗効果で民放では最も高い視聴率になった。当選・当確が最も早かったのはテレ朝で、開票が始まった午後8時過ぎには480議席のうち341議席の当確を伝えた。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中