「総選挙開票速報」NHK視聴率トップ、当落速かったテレ朝―開票直後に341議席当確

印刷

   16日(2012年12月)に行われた衆院総選挙の開票速報は、早くから自民大勝が予想されていたため、いまひとつ盛り上がりに欠けたが、各テレビ局の視聴率はどうだったのだろう。トップはさすがにNHKで17・3%、次いで日本テレビ13・1%、テレビ朝日10・1%、フジテレビ9・5%、テレビ東京8・6%、TBS7・1%だった。

   日テレは7時20分から「FIFAクラブワールドカップ決勝」を中継放送していて、開票が始まってからは画面をU字型に仕切って当選・当確を流した。この相乗効果で民放では最も高い視聴率になった。当選・当確が最も早かったのはテレ朝で、開票が始まった午後8時過ぎには480議席のうち341議席の当確を伝えた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中