2018年 7月 20日 (金)

三原じゅん子 橋下の国会議員兼務案「首長の仕事ってそんなに楽なのでしょうか」

印刷

   12月19日(2012年)、自民党の三原じゅん子参院議員(48)は「首長の仕事ってそんなに楽なのでしょうか」と橋下徹大阪市長をブログで批判した。橋下が自治体首長と参院議員の兼職を可能にする法案を国会に提出すると報じられたためだ。

   本会議だけでなく、委員会や部会に出席、質問事項を作成するなど「お昼の食事時間も削られ、ギリギリ走り回っている毎日」と参院議員の多忙ぶりを説明する。法案が成立すれば、来年の参院選に出馬する意向の橋下に対し、「首長との兼務だからといって特別扱いで本会議だけ出席すればいいとでも?国会議員になったら、ただの1期生ですよ。雑巾がけから、、、というのが当たり前。お分かりなのかな?」とくぎを刺した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中