案の定…「未来の党」小沢一郎ゴリ押しで分裂含み!オレを共同代表にしろ

印刷

   選挙に負けた政党の後始末はどこも大変だ。日本未来の党も役員人事で混乱している。きのう24日(2012年12月)、都内の党本部で衆院選後初めて両院議員総会を開き協議したが、「国民の生活が第一」の代表だった小沢一郎氏の処遇をめぐって結論が出ず、先送りとなった。「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーの「イチオシ」で取り上げた。

嘉田代表「それをやたらおしまいよ。社会的抵抗大きすぎる」

   朝日新聞朝刊の「未来、役員人事先送り 小沢氏処遇巡り分裂含み」という記事だ。それによると、嘉田由紀子代表(滋賀県知事)が阿部知子副代表を共同代表に昇格させる案を提示したが、「生活」出身の議員が小沢を共同代表に起用するよう要求し、改めて協議することになった。嘉田は「小沢共同代表を受け入れたら、私の政治生命が終わる。(起用は)社会的な抵抗が大きすぎる」と語り、記事は「嘉田氏の人事案が了承されなかったことで未来は『生活』と『非生活』による分裂含みの様相になってきた」と伝える。

政治生命終わる

   総会には嘉田と国会議員16人が出席、小沢は欠席した。テレビ画面を見る限り、議員総会といっても部屋を仕切ったような一角で、机やテーブルはなく、全員が折り畳み式のパイプ椅子で嘉田が中央に、他のメンバーは向かい合って座るミーティングのような形式だった。

「選挙互助会」の馬脚…国会議員17人のうち15人が「旧生活=小沢派」

   「やっぱりなという感じですよね」とコメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)。「もとから選挙互助会という面が強くて、嘉田さんは選挙のための顔として担がれただけ。国会議員は17人いますが、そのうち15人が生活出身。言ってみれば、小沢派なんですよ」

   潟永秀一郎(サンデー毎日編集長)も「立候補届け出のときから誰を1位にするとかで受付締め切りまでゴタゴタして、本当に選挙互助会。もう1回話し合ってきれにしてほしい」と突き放す。

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「嘉田さんは小沢さんを使いこなさなかったら官僚も使いこなせないと明言した人だ。これを覆すと、嘉田さんの政治生命が終わってしまう」

   日本未来の党結成のとき、生活が合流したといわれたが、もともとこの話を嘉田に持ち掛けたのは小沢だ。嘉田は現職知事のままそれに乗ったわけだが、地元の県議会からは代表と知事の兼任について激しい批判を浴びている。選挙目当てにアタフタ結成し、選挙が終われば人事のゴタゴタで分裂となれば、あまりにも有権者を愚弄した話ではないか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中