初詣は寒そう!ホワイトクリスマスの次は強烈「年越し寒波」

印刷

   ただいま強いクリスマス寒波が日本を広く覆って、大雪が降りやすい状態となっているらしい。けさ25日(2012年12月)は、夢に見たり、歌に歌う人もいるホワイトクリスマスが各地で実現したが、「とくダネ!」のお天気キャスター・天達武史は「これだけ降っちゃうと、ホワイトクリスマスだと喜んでもいられないところも多いですから」と浮かない表情を見せる。

南極で「雨」が降った!最高気温プラス4度の天候異変

   この頃は、世界的に見ても、中国、北米、ヨーロッパなどで非常に寒くなっている地域があるそうだ。その一方、地球上で一番寒いはずの場所は少々暖かいんだそうだ。夏でも氷点下、摂氏マイナス88度を記録したこともあるという南極の昭和基地では、22日に最高気温が4度まで上がり、普段は「降る」といえば雪なのに、雨が9年ぶりに降ったという。

寒いお正月

   さても気になるのは、世界より日本。番組と天達によれば、北海道、北陸、東北ではあす朝までに最大で50~80センチの積雪が見込まれるという。寒波は27日まで続き、その後は寒さが和らぐが、31日にはまた強烈な「年越し寒波」がやってくるそうだ。

   寒波、また寒波。「正月の初詣は相当寒くなりそうだ」。日頃、寒さに強いと自負する小倉智昭キャスターもそう言って、首をすくめ気味であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中