「御用達ってどういう意味?」天皇誕生日にフジ報道コンビで大真面目に皇室特集

印刷

「新・皇室入門」(フジテレビ)2012年12月23日13時~

   天皇誕生日のこの日、フジテレビらしからぬ、おふざけ一切なしのマジメな番組が放送されていた。この手のものにバラエティ色の強いアナウンサーを出すのはどうかということか、司会は定年後も嘱託として居続けるベテランアナ須田哲夫と大島由香里アナの報道コンビが担当し、厳かに番組が進行する。
   番組が10~20代の若者に「あなたが天皇陛下に持っている感情で近いのは?」とアンケートをとったところ、「尊敬の念、または好感を持っている」が46・2%、「特別な感情を持っていない、関心がない」が50・7%、「あまり良い感情を持っていない」が3・1%だったと発表し、日本人として皇室のことをもっと知っておいてもよいのではというスタンスで作られた番組だった。
   「皇室御用達とは?」「現在の天皇は何代目?」「三種の神器とは?」…意外と知られていない皇室の話をわかりやすく紹介していた。天皇陛下は特別扱いされるのがお好きではなく、エレベーターやエスカレーターは使わず階段を利用されるとか、皇室のおせち料理やお雑煮は質素で、園遊会では招待客の名簿に目を通されるなど、お人柄の良さを伝えるエピソードの数々も披露していた。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中