高校ボート部員転覆事故!「安全」まるで考えていなかった体育会系コーチたち

印刷

   千葉県東庄町を流れる利根川支流の黒部川で、競技用ボートの練習中、転覆して高校生18人が川に投げ出された事故で、見えてきたのは安全管理の甘さだった。練習は県教育委員会の委託を受けて県ボート協会が行っていた強化合宿で、県内外9つの高校のボート部員が参加していた。

漁師も船出せない強風

   高校生が乗っていたのは「シングルスカル」という一人乗りボートで、スピードを上げるために細身に作られており、風でバランスを失い転覆しやすい。日本ボート協会によると、風速4~5メートルが限界で7~8メートルだと危険という。

低体温症防げない

   ところが、事故が起きた26日午前(2012年12月)の現場は気温5.3度で、中利根漁協組合の滑川幸男組合長によると「雲が水平で、想像するに10~13メートルの風が吹いていた。すぐに漁師仲間に救助捜索に当たろうと連絡したが、風が強いため船が出せないと断られた」という。

   川に投げ出された18人の高校生は幸い全員が救助されたが、うち6人が低体温症で病院に搬送された。

「ボートはよく落ちるのでライフジャケット付けない」

   なぜ風速の強い日に練習を強行したのか。指導に当たった県ボート協会が事故後に記者会見したが、魚地利明ヘッドコーチから語られたのは呆れるほどの安全管理に対する認識の甘さだった。

   ―練習中止の基準はあるのか。

「風速ということでは判断できません。4メートル以下でも波が出ることがあるので。やはり経験、感覚に頼ってしまった部分があったかなと…」

   ―ライフジャケットをつける基準は?

「ないですね。落ちるのはボートでは何回もあることです。落ちるときの対処方法はすべて一応指導しております」

   練習前に安全確認をしていなかったほか、練習中止を決定したのは2隻のボートが転覆してからだった。取材したリポーターの井口成人は「だいたい中止の決定が遅いんですよ。転覆しているのだから中止もへったくりもない」と怒る。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「転覆の危険がありながら対策を考えていない。合理的な考えに基づいて行われていなかったのだと思う。こういう体育系はね合理性より根性が前面にし出てしまう」

   高木美保(タレント)「訓練で溺死は防げるが、低体温症は訓練では防げない」

   まさしくその通り。経験と勘だけが頼りのコーチに指導されては、命がいくつあっても足りない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中